いそひと

「いそひと」だからできること

例えば、こんな悩みはありませんか?

  • 就職活動がうまくいかない
  • 仕事が長く続かない
  • 自分が希望する配慮をうまく周りに伝えられない
  • 面接のやり取りがうまくいなかい
  • 自分の聞こえの程度を人にうまく伝えられない
  • 同じような障がいで悩む人とのつながりが少ない

「いそひと」を利用して、
今の不安をひとつずつ解消していきませんか?

専門機関とのつながり

聴覚障がい者のコミュニケーションの悩みや、就労・キャリア形成といった問題に取り組む大学や専門機関、当事者団体と連携をとることで、聞こえの問題に関する最新の知見を取り入れることに努めています。
 
 
 

専門機関とのつながり

関連専門機関
  • 青山学院大学
  • シャムロックレコード㈱
  • 聴覚障害者キャリアアップ研究会

「聞こえ」を客観的に理解する力がつく

聴覚障がいは見た目で分からないため、周囲の人に理解を求めにくい障がいです。また、当事者自身もその障がいの多様性から自分の立ち位置を見失いがちになります。
いそひとでは、自分の聞こえについての理解を確かなものにし、自分が必要とする支援や配慮を自分から周囲に「伝わるように伝える」技術を身につけることができます。

「聞こえ」を客観的に理解する力がつく

研修内容
  • 自己擁護力を身につけよう
  • 自分取扱説明書を作ってみよう
  • 正しい日本語の使い方(日本語検定などを教材に)
  • 伝えることと、伝わること

企業ネットワーク

ゼネラルパートナーズならではの企業ネットワークにより、聴覚障がい者の雇用実績が豊富な企業や、現職で聴覚障がい者が活躍している企業、そして聴覚障がいに理解のある企業とのご縁を様々な方法で創出します。
 
 
 
 
 

企業ネットワーク

企業ネットワーク

ITを使ったコミュニケーション手段を身につける

聴覚障がいによる聞こえの状態は人それぞれです。また、それぞれの人が用いるコミュニケーション方法も読話・口話を始め、手話、筆談、指文字、空書など様々な方法が取られています。最近では、音声認識技術の発展も目覚ましく、それをタブレットPCやスマートホンといった民生機で実用できる時代になっています。
いそひとでは、ITを使った新しいコミュニケーション手段も体験してもらい、あらゆる環境にマッチしたコミュニケーション手段が取れる方法を身につけてもらいます。

ITを使ったコミュニケーション手段を身につける

使用するITツール
  • 使用するITツール
  • UDトーク
  • UD手書き
  • Windows音声認識など

いそひとの利用方法について

費用について
収入の状況により、無料でご利用頂ける場合と自己負担が発生する場合がございます。
当事業所では利用者の9割以上の方は無料で利用頂いておりますが、詳しくはお問い合わせください。
※交通費・昼食費については自己負担となりますが、市区町村によっては補助がある場合がございます。
利用期間について
就職が決まると卒業となります。
最長では、原則2年間ご利用頂けます。
通所対象者について
  • 一般企業等での就職を希望する方
  • 障害者手帳を保有している方(お持ちでない方は別途ご相談ください)
  • 満65歳未満の方
  • 離職中の方(例外あり)

まずは、お気軽に
お問い合わせください

  • FAX 03-3518-2923
  • TEL 03-3518-2921
  • TEL 03-3518-2921

お問い合わせ 9:00〜18:00(月〜金)